Subsequence Landscape

Leela Schauble — June 2–July 4, 2020

リーラ・ショーブルは1989年生まれ。オーストラリアのメルボルンを拠点とし、写真や映像の制作活動を行っています。彼女の作品の重要なテーマは気候変動などの自然環境問題であり、今回が日本では初の作品発表の機会となります。

人類と環境との関係を自身の研究テーマとし、2015 年に北極圏でのアーティスト・イン・レジデンス、2018 年にはアマゾンの熱帯雨林でアーティストや研究者と共に活動をするアーティスト・イマージョン・プログラムに参加します。現地での撮影をもとに制作されたシリーズが〈North〉そして〈Growing in the Dark〉と〈Signal〉です。専門家と共に行ったフィールドワークを通して見出された生態系の背後にある科学の存在は制作において重要な役割を担っており、環境というテーマをアートというジャンルに留まらない多角的アプローチによって見事な作品に昇華させています。

 

Installation view

Works

〈Growing in the Dark〉

このシリーズにおいてショーブルは、過酷な環境変化のなかでの適応力と回復力というテーマを取りあげた。写し出されるのは、 陽の当たらない澱んだ水底で自ら細胞分裂しながら成長し、悪条件下で必死に生き残りをかけて繁殖する植物の姿である。研究者と行動を共にしたアマゾン滞在中に、ショーブルは生態系の適応力の仕組みと気候変動危機が内包するリスクへの科学的知見を得た。一連の作品は環境問題で二つに割れた社会や日々深まる分断に対する、アーティストの一つの回答である。母国オーストラリア政府は環境問題を矮小化しようと必死であり、検閲、隠蔽、予算削減などあらゆる手を使って国民に事実を知らせようとしな い。それに抗う必要性がかつてないほど切望されている。作品は人的温暖化が引き起こした自然環境の悪化の記録にはとどまら ず、新たな環境への適応力が生み出す希望を同時に示している。

〈North (Pyramiden)〉

ショーブルが 2015 年に北極圏を訪れた際の写真シリーズ。収められている北極の景色はまるで息をのむような美しさであるが、 この風景が永遠に残るかどうかは不明である。撮影はノルウェーのスヴァーヴァル諸島に位置する、旧ソビエト時代のゴーストタ ウンであるピラミデンで行われた。広大な北極原野が抑えた色調で写し出されることで、再現なく広がる風景とかつて人間が生活していた痕跡とのコントラストが迫る。

〈Signal II〉

アーティスト・イマージョン・プログラム LABVERDE において、ショーブルはビデオシリー ズという手法を用いてアマゾン熱帯雨林の中で撮影を行い、自然と人間、そして科学の間に横たわる断絶を切り取った。自立した生態系が織りなす複雑さや神秘性を、作品制作をとおして今ひとたび見つめ直そうとした。風景の中に見え隠れするLEDライトに導かれ鑑賞者と自然との間で対話が始まろうとしている。だが、ライトの点滅が示すのは SOSシグナルである。しかしその信号さえも周囲のライトが張り合わんばかりに発する数々の光によってかき 消されてしまう。この地球に生きる一員として、わたしたち人間はどう自然と向き合い、どう責任を果たすべきか、ショーブルは静かに問いかけている。

Leela Schauble, Signal Ⅱ, 2019, Video (3 channels : 8min 1sec.), Dimensions Variable

Artist

リーラ・ショーブル

1989年 メルボルン(オーストラリア)生まれ

リーラ・ショーブルはオーストラリアのメルボルンを拠点とし、写真や映像作品の制作活動を行う。自然環境や人間が引き起こした気候変動などが重要な作品のテーマである。

Learn more